バチェレ国連人権高等弁務官が5月に行った中国・新疆ウイグル自治区の視察に関する報告書を公表しないよう中国政府が各国に働き掛けている、とロイター通信が報じた。中国側が挙げた理由は「公表されれば、人権分野で政治化と陣営間の対立に拍車がかかる」などだ。

バチェレ氏は5月23〜28日に訪中し、ウイグル自治区の区都ウルムチと西部カシュガルを視察した。自治区トップの馬興瑞・共産党委員会書記と会談したほか、刑務所などを見て回った。中国外交部によれば、綿花畑の視察や宗教関係者との対談も行った。

ただ、バチェレ氏が自治区に滞在したのは2日間だけ。視察の様子は非公開で、人権侵害の実態は全く明らかにされなかった。中国政府はバチェレ氏の訪問受け入れに当たり、「交流と協力の促進」が目的だと説明。バチェレ氏は28日のオンライン記者会見で「今回の訪問は調査ではなく、直接対話を持つ機会だ」と述べ、中国側への配慮を隠さなかった。

米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国政府はバチェレ氏の訪問に先立ち、ウイグル族らに対し、拘束や抑圧など「国家の秘密」を話さないよう指示。海外在住のウイグル族にも、新疆に残る家族を通じ、行方不明者に関する情報発信をやめるよう圧力をかけたという。

欧米の人権団体などは自治区で少数民族ウイグル族に対する強制労働などの人権侵害が起きていると主張、中国政府はこれを徹底的に否定している。そうした中でバチェレ氏が視察したが、中国への対応が甘すぎると批判を浴びた。その後バチェレ氏は8月末で退任する意向を示し、退任前に視察報告を公表すると約束していた。

公表めぐり、ロイター通信は「中国政府は6月終盤からスイス・ジュネーブの各国代表部に書簡を送付し、報告書が公表されることへの『重大な懸念』を表明。公表差し止めに向けて各国に支持の署名を要望している」と報道。「実際に3カ国の外交官が書簡を受け取ったことを認めた」と伝えた。

書簡には「(新疆ウイグル自治区の)視察結果が公表されれば、人権分野で政治化と陣営間の対立に拍車がかかり、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の信頼性にひびが入るほか、OHCHRと加盟国の協力関係が損なわれる。われわれは高等弁務官に視察結果を公表しないよう強く求める」と記されている。

ジュネーブの中国代表部の報道官は、書簡が送付されたかどうか、あるいはそれがどんな内容かには言及しなかった。一方で報道官は100カ国近くが最近、新疆問題で中国への支持と人権という名の下に内政干渉が行われることへの反対を明らかにしたと強調した。(編集/日向)