中国国家外貨管理局が5日に明らかにしたところによると、今年上半期の中国の国際収支は基本的バランスを保った。そのうち経常収支の黒字が1691億ドル(1ドルは約19.9円)に上り、同期の国内総生産(GDP)に対する比率は1.9%となり、引き続き合理的でバランスの取れた範囲に収まった。海外直接投資の純流入額は749億ドルで、高い水準を保った。

上半期には物品貿易の輸出入が高い強靱性を示した。国際収支から見た物品貿易の黒字は前年同期比36%増3207億ドルに上った。そのうち輸出は同13%増の1兆6437億ドル、輸入は同8%増の1兆3230億ドルだった。

全体的に見て、新型コロナウイルス感染症の予防抑制と経済社会の発展とが高効率かつ統一的に進められ、経済の強靱性が高く、ポテンシャルが高く、活力が十分にあり、長期的に好転するという中国のファンダメンタルズには変わりがなく、このことが中国の国際収支が基本的バランスを引き続き維持する上でプラスに働いたと言える。(提供/人民網日本語版・編集/KS)