2022年9月12日、韓国・YTNは「秋夕(チュソク、韓国のお盆)連休最終日を前に、ソウルの日本大使館前では保守団体と反日団体が衝突し、もみ合いとなる騒動が起きた」と伝えた。

記事によると、保守団体「新自由連帯」のメンバーらは11日午後10時ごろ、元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」の解散などを求める集会を行った。その過程で、日本大使館前の慰安婦像を守っていた団体「反日行動」と衝突した。

2団体は大声を上げてもみ合いとなったが、幸いけが人は出なかった。12日午前2時ごろに「新自由連帯」側が解散し衝突は収まったが、慰安婦像を守るための「反日団体」の集会はその後も続いたという。

「新自由連帯」側は「『反日行動』より先に集会場所の使用許可申請を行ったが、警察が集会保護要請を聞き入れてくれなかった」と主張している。一方「反日行動」側は「『新自由連帯』のメンバーらが慰安婦像に危害を加えようとした」と主張しているという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「この国はどうかしている。親日団体が慰安婦像前でデモだと?日本植民地時代に戻った気分だ」「他国の保守は自分の国を異常なほど愛して大切にするのに、韓国の保守は日本を大事に愛している」「保守が親日ということは、ここは日本だ。親日清算をしなかったせいで国が崩壊しつつある」「保守団体の資金調達ルートを調べるべき。日本が関与しているに違いない」「慰安婦像を見たくないのなら日本で暮せばいい」など、「新自由連帯」メンバーへの批判の声が多数寄せられている。(翻訳・編集/堂本)