2022年9月13日、韓国・YTNは、第74回エミー賞授賞式で韓国ドラマ「イカゲーム」がドラマ・シリーズ部門主演男優賞と同監督賞を受賞したことに対する海外メディアの反応を伝えた。

米ロサンゼルスで行われた第74回エミー賞授賞式で、「イカゲーム」のファン・ドンヒョク監督が監督賞、俳優イ・ジョンジェが主演男優賞を受賞した。

記事によると、米CNNは2人の受賞の記事をメインに掲載し「エミー賞主演男優部門で受賞した韓国人初の俳優」と紹介した。また、ニューヨーク・タイムズは「イ・ジョンジェがエミー賞の歴史を塗り替えた」と評価。その他にも、ロサンゼルス・タイムズは「歴史的意味を持つ夜になった」、ニューヨーク・ポストは「最初の外国語受賞作となった『イカゲーム』は74年の歴史を持つエミー賞のとんでもない勝者になった」などと報じたという。

韓国のネットユーザーからは「おめでとう。文化強国・韓国の時代が来た!」「自分が韓国語を理解できる韓国人であることが誇らしい」「韓国の文化を世界に、世界に!」「一番韓国らしいものが一番世界的だということを改めて証明してくれた快挙」「コロナ禍の世界に大きな楽しみをくれた。受賞して当然」など歓喜の声が上がっている。

また「韓国人は大統領を除いてみんな優秀だ」「今の韓国国民は大統領のせいでイカゲームより過酷なサバイバルを強いられている」など皮肉交じりの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)