外交部の汪文斌報道官は23日の定例記者会見で、日本側の招きに応じて全国政治協商会議の万鋼副主席が中国政府代表として、日本で執り行われる安倍晋三元首相の国葬に参列すると発表しました。

汪報道官は中日関係に関する発言の中で、「皆さんに伝えたいことがある。中日は互いに近隣であり、地域にとって重要な国だ。中日が友好協力関係を維持して発展させることは、両国の国民の根本的利益に合致する。中国が責任ある大国として、地域と世界の平和・安定・繁栄を守るために貢献してきたことは、衆目の一致するところだ。日本に対しては、中日間の4つの政治文書で確立された諸原則などを順守し、中国と共に進み、新時代にふさわしい中日関係の構築に共に尽力することを望んでいる」と述べました。(提供/CRI)