中国国家統計局によりますと、2022年の全国夏季収穫食糧の総生産量は前年比約143万5000万トン・1.0%増の1億4739万トンでした。うち、小麦の生産量は同約128万5000トン・1.0%増の1億3576万トンでした。

中央財政は今年、小麦の生産支援に70余億元(約1400億円)の予算を充てました。さらに、安定増産のために、全国が一丸となって科学的な指導サービスを推進しました。200余りの県は均衡ある増産のモデルケースとして小麦のグリーン・高品質・高効率運動を展開しました。この運動は広大な農地に拡散しています。

また中国で、通年の食糧収穫として第2陣である早稲の収穫は、通年の食糧生産量の約4%を占めています。国家統計局によりますと、今年、全国の早稲の作付け面積は前年比2万1000ヘクタール増の475万5000ヘクタールに達しました。生産量は同10万5000トン増の2812万5000トンに達しました。作付け面積と生産量はいずれも前年比0.4%増だったとのことです。(提供/CRI)