中国人民銀行(中央銀行)がこのほど発表した「2022年人民元国際化報告」によると、2021年以降、人民元の越境決済の金額が前年の高い基数をベースに増加し続けた。21年に銀行が顧客の代わりに行なった人民元建て越境受払の金額は前年同期比29.0%増の36兆6000億元(1元は約20.1円)に上り、過去最高額を更新した。人民元の越境収支は全体としてバランスが取れ、通年で累計4044億7000万元の純流入となった。国際銀行間通信協会(SWIFT)のデータによれば、人民元建て国際決済のシェアが21年12月に2.7%に向上し、人民元は日本円を抜いて世界4位の決済通貨になり、22年1月はさらにシェアが上昇して3.2%に達し、過去最高を更新した。

国際通貨基金(IMF)が発表した公的外貨準備の通貨別構成(COFER)のデータを見ると、22年第1四半期(1-3月)には、世界の外貨準備における人民元の割合は2.88%で、16年に人民元が特別引出権(SDR)のバスケット構成通貨に採用された当初より1.8ポイント上昇し、主要準備通貨の中で5位になった。

これと同時に、実体経済に関わる越境人民元建て決済の量が急速な増加傾向を保ち、コモディティや越境ECなどの分野が新たな成長源になり、国境を越えた双方向の投資が引き続き活発だった。人民元相場は全体として双方向に変動し、人民元を使用して為替リスクを回避するというマーケットエンティティの内生的なニーズが徐々に拡大した。人民元建ての越境投融資や取引決済をめぐる基礎的制度が持続的に改善され、実体経済に寄与する人民元の能力が絶えず増強された。(提供/人民網日本語版・編集/KS)