2023年11月27日、韓国メディア・毎日経済は「日韓関係に薫風が吹き、韓国内で日本ブランド車の人気が高まっている」と伝えた。

自動車情報ポータル「カー・イズ・ユー」によると、レクサスは年初から10月までに前年比93%増の1万1007台を販売した。韓国トヨタ自動車の販売台数は26.3%増の6771台だった。レクサスは今年、韓国市場で3種、トヨタは7種の新車を発売しており、両ブランドとも「新車効果が極大化した」と評価している。

トヨタは特に、韓国でも高級車として有名だった「クラウン」を51年ぶりに韓国に再上陸させたことで注目を浴びた。「アルファード」も人気な他、来月に発売予定の5代目新型プリウスも既に注目を集めている。業界では「クラウンの発売は、日韓関係の回復を受けての販売への自信を映し出すもの」だとしている。

韓国で最も多く売れたのは「レクサスES」で、年初から10月までの累積販売台数は6616台で前年比86.3%増加した。「レクサスNX」は同期間に2574台を販売し、128.4%という増加率を記録した。

ハイブリッド車の需要が高まったことも、日本車の好調を後押ししたと、記事は伝えている。

一方、ホンダコリアは現在も苦戦中だとしている。年初から10月までの累積販売台数は1047台で、前年比62.8%の大幅減となった。業界では販売車種の少なさ、価格引き上げなどが不振の原因だと見ている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「いい車なら乗る、それだけだ。国内メーカーは反省し、基本に忠実になって」「日本の自動車技術は超えられない壁なんだからどうしようもない」「正直、日本は嫌いでも日本車は嫌いになれないよね」「レクサスのコスパは神」「レクサスはこのクラスで最も合理的かつ故障のない車じゃないか?」「反日しなかったら生活しやすいよ。コスパのいいユニクロで衣料品は節約できるし、トヨタの車は故障しない。胃腸薬も日本製のはよく効く。円安で日本旅行は本当に最高だ」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/麻江)