オホーツク海にある低気圧から北海道を通って日本海にのびている前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、活動が活発となっています。秋田県陣場では、22日08:27までの1時間に、観測史上1位となる78.0mmの非常に激しい雨となっていて、秋田県と青森県で降りはじめからの雨量が150mm近くに達しています。東北北部では、土砂災害警戒情報や避難情報が出されている地域もあります。
前線はあす23日にかけて東北地方に停滞し、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。東北地方では、日本海側を中心に雷を伴った1時間に60mmの非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意が必要です。【7月22日15:00現在、レスキューナウまとめ】

■避難情報
【避難勧告】
<秋田県>
・大館市 :沼館(219世帯570人)
・五城目町:大川地区(104世帯250人)、内川地区(267世帯633人)、馬場目地区(133世帯287人)、馬川地区(24世帯58人)、富津内地区(152世帯344人)

【避難準備・高齢者等避難開始】
・秋田県 :能代市、三種町

■防災気象情報
【土砂災害警戒情報】
・青森県 :三戸町、田子町、新郷村(22日13:30)
・秋田県 :秋田市秋田、秋田市河辺雄和、大館市、鹿角市、由利本荘市沿岸、由利本荘市内陸、潟上市、大仙市、にかほ市、仙北市、小坂町、五城目町、井川町(22日14:25)
・岩手県 :二戸市(22日14:35)

※土砂災害警戒情報は、大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、危険を感じたら躊躇することなく早期避難を。

【指定河川洪水予報】
<氾濫注意情報>
・秋田県 :米代川(22日14:10)

※指定河川洪水予報は、流域面積が大きく洪水により大きな損害を生ずる指定河川について、「氾濫注意/警戒/危険/発生情報」の4段階で注意・警戒を呼びかける情報。市町村からの避難情報等に留意するとともに、急な浸水等に備えるため早期避難を。

■気象概況
【1時間雨量】
・秋田県  大館市    81.0mm(〜22日09:00)※国交省雨量計
・秋田県  陣場     78.0mm(〜22日08:27)≪史上1位≫
・秋田県  雄和     73.5mm(〜22日13:37)≪史上1位≫
・渡島地方 森      63.0mm(〜22日02:40)≪史上1位≫
・秋田県  藤里     61.5mm(〜22日08:22)<7月1位>
・岩手県  八幡平市北部 60.0mm(〜22日12:30)※レーダー解析
・渡島地方 函館     58.5mm(〜22日04:08)
・檜山地方 今金     57.5mm(〜22日00:09)≪史上1位≫

【3時間雨量】
・秋田県  雄和    141.0mm(〜22日14:20)≪史上1位≫
・秋田県  藤里    133.5mm(〜22日09:10)≪史上1位≫
・青森県  温川    122.0mm(〜22日10:20)≪史上1位≫
・秋田県  藤原    113.0mm(〜22日10:50)≪史上1位≫
・秋田県  五城目   102.5mm(〜22日11:00)≪史上1位≫

【24時間雨量】
・秋田県  雄和    143.5mm(〜22日14:20)<7月1位>
・秋田県  藤里    142.0mm(〜22日14:20)
・青森県  温川    141.0mm(〜22日14:20)<7月1位>
・秋田県  藤原    135.0mm(〜22日14:20)<7月1位>
・秋田県  鹿角    113.0mm(〜22日14:20)
・青森県  碇ケ関   111.0mm(〜22日14:20)<7月1位>
・秋田県  五城目   110.5mm(〜22日14:20)

■今後の見通し
【予想24時間雨量】(〜23日12:00/多い所)
・180mm 東北地方(日本海側北部)
・150mm 東北地方(日本海側南部、太平洋側北部)
・ 80mm 東北地方(太平洋側南部)
・ 60mm 北海道地方(太平洋側東部)

※前線はその後も東北地方に停滞するため、雨量は更に多くなる見込み。

【防災事項】
≪厳重警戒≫土砂災害
≪警戒≫  低地の浸水、河川の増水や氾濫
<注意>  落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう

※発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。