福岡県・大分県・内閣府は、平成29年7月九州北部豪雨による被害を受けた市町村に対し、被災者生活再建支援法を適用することを発表しました。
被災者生活再建支援法の適用により、全壊(長期避難・みなし全壊)・大規模半壊の被害を受けた世帯に支援金(基礎・加算)が公益財団法人都道府県会館から支給されます。

■適用地域
 福岡県:県内全域(7月5日適用、7月27日発表)
 大分県:日田市(7月5日適用、7月12日発表)

◆内閣府|被災者生活再建支援法の概要
http://www.bousai.go.jp/taisaku/seikatsusaiken/shiensya.html

◆内閣府|[平成29年07月27日公表]平成29年7月九州北部豪雨による災害に係る被災者生活再建支援法の適用について(福岡県)
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20170727_01kisya.pdf

◆内閣府|[平成29年07月12日公表]平成29年7月5日からの大雨による災害に係る被災者生活再建支援法の適用について(大分県)
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20170712_01kisya.pdf

◆内閣府|[平成29年07月11日公表]平成29年7月5日からの大雨による災害に係る被災者生活再建支援法の適用について(福岡県)
http://www.bousai.go.jp/kohou/oshirase/pdf/20170711_02kisya.pdf