大気の状態が不安定となっているため、29日午後から、関東地方南部では所によって雷を伴った激しい雨が降り、神奈川県の一部(横浜市・川崎市)に大雨警報が発表されています。
雨は次第に弱まる見込みですが、このあと数時間は、土砂災害に警戒し、低地の浸水、落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょうなどに注意してください。

■防災気象情報・気象概況(29日21:15現在)
【大雨警報】
・神奈川県:横浜市、川崎市

※埼玉県の一部に発表されていた大雨・洪水警報は解除。

【土砂災害警戒情報】
<解除>
・神奈川県:川崎市(29日18:52〜20:15)

【1時間雨量】
・東京都  世田谷   29.5mm(〜29日18:23)

【3時間雨量】
・神奈川県 日吉    52.0mm(〜29日19:40)
・東京都  世田谷   50.0mm(〜29日19:10)

■防災事項
・警戒:土砂災害
・注意:低地の浸水、落雷、竜巻などの激しい突風、降ひょう
※発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。