中四国地方では強い日射と湿った空気の影響により、大気の状態が不安定となっていて、広島県や愛媛県で1時間に約100mm以上の猛烈な雨が降った模様です。夜遅くにかけて局地的に積乱雲が発達し、雷を伴い非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。
これまでの雨により地盤の緩んでいる所もあることから、土砂災害に厳重に警戒するとともに、河川の増水や氾濫、低地の浸水、落雷や突風に警戒・注意してください。【7月31日17:00現在、レスキューナウまとめ】

■避難情報
【避難指示(緊急)】
<広島県>
・広島市佐伯区 :湯来東、湯来西、湯来南、河内小学校区の土砂災害警戒区域等

【避難勧告】
<広島県>
・広島市安佐南区:戸山小学校区の土砂災害危険箇所等

【避難準備・高齢者等避難開始】
・広島県 :広島市安佐南区、佐伯区

■防災気象情報(31日17:00現在)
【土砂災害警戒情報】
・広島県 :広島市、廿日市市(31日15:25)
・愛媛県 :大洲市、内子町(31日16:50)

※大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、危険を感じたら躊躇することなく早期避難を。

【大雨・洪水警報】
・広島県 :広島市、廿日市市
・愛媛県 :大洲市、内子町

■気象概況
【記録的短時間大雨情報】
<広島県>
・約110mm 広島市佐伯区付近、廿日市市吉和付近(〜31日15:30)

<愛媛県>
・101mm  内子町獅子越峠(〜31日16:30)
・約100mm 内子町付近(〜31日16:30)、大洲市付近(〜31日16:20)

※数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した場合に、現在の降雨がその地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表。近くで災害の発生につながる事態が生じていることを意味していることから、自分の身を守ることを第一に行動を。

【1時間雨量】
・愛媛県  獅子越峠  96.0mm(〜31日16:20)≪史上1位≫
・広島県  加計    54.0mm(〜31日14:55)
・広島県  王泊    49.5mm(〜31日14:35)
・広島県  廿日市津田 48.5mm(〜31日16:08)

■今後の見通し
【予想1時間雨量最大値】(31日)
・80mm 広島県