あす25日にかけて北日本付近で低気圧が急速に発達し、その後は北日本の上空に強い寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まるため、北日本と北陸地方ではあす25日から28日頃にかけて大荒れの天気が続く見込みです。気象庁は24日17:04、「暴風雪と高波に関する全般気象情報 第4号」を発表し、特に暴風や暴風雪による交通障害に厳重に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によると、日本海を北東に進む低気圧と本州の南岸から三陸沖に進む低気圧がともに急速に発達し、あす25日夜にはオホーツク海で一つにまとまって、あさって26日にかけてさらに発達する見込みです。また、あさって26日には北日本の上空約5000mに氷点下36度以下の強い寒気が流れ込み、日本付近では28日頃まで強い冬型の気圧配置が続く見込みです。
あす25日は、北日本と北陸地方を中心に、雨や雪を伴った非常に強い風が吹く所があり、あさって26日から28日にかけては北日本では猛ふぶきとなるほか、あす25日から27日にかけては北日本の日本海側を中心に大雪となる所があるでしょう。一方、あす25日は低気圧に向かって暖かい空気が流れ込むため、北日本でも雨が降って雪解けが進む見込みです。

■今後の見通し
【最大瞬間風速】(〜25日)
・45m/s 北海道地方
・40m/s 東北地方
・30m/s 北陸地方 

【波の高さ】(〜25日)
・7m 北海道地方、東北地方
・6m 北陸地方

■防災事項
・厳重警戒:暴風、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害
・警戒:高波
・注意:(25日)雪解けによる低地の浸水、土砂災害、河川の増水、湿った雪による着雪 (25〜27日)大雪やなだれ