インテリアから生活雑貨までさまざまなものが手に入る「ニトリ」。そのなかでも、持っていると超便利な逸品をニトリマニアの皆さんに紹介していただきました。あなたが抱える家事のイライラを解消してくれる逸品が見つかるかもしれませんよ。

〈左〉@moto_nitoriさん、〈右〉@piyooo.sayさんおすすめのニトリグッズ。

ニトリには常時3万点ものアイテムが並びますが、そのおよそ半数が1年で入れ替わるのだとか。そんなニトリの商品のなかで、家事のプチ不満を解消してくれる便利な5アイテムをニトリマニアのインスタグラマーさんに教えてもらいました。いろいろ使ってみたなかで「買って損なし」と大絶賛のものとは?

★★★ フレッシュキーパー ★★★
野菜の鮮度をたもったまま保存できて
朝食の準備が格段に楽に!

@mamagohan6さんの投稿より

6人家族の@mamagohan6さん。朝食に出すサラダの準備を楽にできないかと考えていたときに出合ったのが「フレッシュキーパー」。「6人と大家族なので、朝食のサラダを用意するだけでも野菜を洗って水をきってと結構大変で。この商品は、穴が空いたバスケットとプラスチック容器が二重になっていて、洗った野菜を入れておくと自然と水分が下に落ち、鮮度をたもてるというもの。我が家にぴったりと思って4400mlの大容量サイズを購入。前日の夜にサラダの準備をしてフレッシュキーパーに入れておけば、朝になると程よく水が切れた新鮮なサラダをすぐ食卓に並べられて、かなりの時短になっています。大容量なのに冷蔵庫の高さにもぴったり収まって超優秀なんです。ちなみに気に入りすぎて650mlの小サイズも購入。ミニトマトの保存に大活躍中です」

★★★揚げ物トング★★★
すくう、つかむができるから
揚げ物ストレスがゼロに!

@piyooo.say さんの投稿より

揚げ物を鍋から取り出すとき、トングや菜箸だとつかみにくいなと思っていた@piyooo.say さんは「揚げ物トング」を見つけて揚げものストレスがゼロに。「網じゃくしとトングの一体型で、すくうとつかむがひとつでできるんです。細かく散らばりがちな揚げカスを取るのも簡単! 網じゃくしの部分が大きくて、角度もついているせいか、一般的なトングよりも食材をつかんだり、すくったりがしやすいように思います。小さくて細かいフライドポテトのようなものを揚げるときにその能力を存分に発揮してくれて、一度でたくさんすくえて便利ですよ。しかも約150円というコスパの高さも素晴らしい。ぜひこの便利さを味わってほしいですね」

★★★髪の毛くるくるポイ★★★
排水溝にたまった髪に
触れることなく掃除ができる!

@river_lips123さんの投稿より

お風呂掃除で最も嫌なところはいえば排水溝。髪の毛がたまると水はけが悪くなるし、コンディショナーを流したあとのヌメリも気持ち悪いと悩んでいた@river_lips123さん。「インスタグラムで評判の高かった『髪の毛くるくるポイ』を購入してみたら、今までの不快感はなんだったのかと思えるほど排水溝掃除が楽になりました。髪の毛をかき集めなくても、排水溝に流れてくる水で渦を作り出し髪の毛がひとかたまりに集まる仕組みになっているのです。しかも簡単に取り外せるので、ごみ箱まで運んでくるっとひっくり返せば、たまった毛に手を触れずに捨てられるんです。風呂場の水流をよく見て、くるくると渦ができやすい方向を見つけて取り付けるのがコツです」

★★★スライドキャッチハンガー★★★
乾きづらい衣類の脇の下もしっかり乾く!
嫌な生乾きの臭いも解消

@moto_nitoriさんの投稿より

元ニトリスタッフだったという@moto_nitoriさん。隠れた名品はたくさんあるけれど、なかでも洗濯のプチ不満を改善してくれたという「スライドキャッチハンガー」がお気に入り。「ハンガーのアーム部分が4段階にスライドして広がるようになっています。冬場は気温が下がりただでさえ洗濯物が乾きにくいのに、厚手の洋服ばかりで生渇きが多発。でもこれを使ったら、普通のハンガーに干すとくっついてしまう脇の下の部分も、しっかり広げて干すことができるんです。風通しがよくなって生乾きも解決! パーカなど厚手の衣類の乾きも早くなりました。生乾き以外にも使いやすい点が! ハンガーの肩の部分を握るとグリップが折り曲がるので、丸首シャツも干しやすく首回りが伸びてしまうこともなくなりました」

★★★Easyレバーキャニスター★★★
調理効率アップにもつながるかも⁉

乱雑になりがちな調味料類をすっきり収納

@theory924さんの投稿より

整然と並んだ「Easyレバーキャニスター」が美しい@theory924さんのキッチン。「滝沢真規子さんのYoutubeで調味料をきれいに整理できると紹介されていて、インスタグラムでも評判がよかったので、我が家も取り入れてみることに。7.6㎝四方のS、10㎝四方のM、15㎝四方のLの3シリーズがあり、各シリーズで高さ(容量)違いを3〜4種類展開しています。我が家の引き出しのサイズを測り、ぴったり収まるサイズ(Sの270ml)で統一しました。レバーを倒すだけで簡単にふたがロックされ、片手で開け閉めができ、引き出しから取り出さずに使えるので、調理のスピードがアップした気がしています。上から見てすぐ中身が確認できるよう、テプラでラベルを付ければ取り違えもなく、とても気に入っています」

・・・・・・

お値段以上のニトリというだけあり、どれも数百円というコスパと機能性の両立が光るアイテムばかり。家事のちょっとしたプチ不満を便利グッズで解消し、毎日の暮らしをより良くアップデートしてみてください。

text | 川口裕子