自宅に写真をお洒落に飾る方法としておすすめの「shacolla(シャコラ)」を使ったディスプレイ方法を紹介します。自分で撮った写真が簡単にアートパネルに変身。家族写真もリビングや廊下の素敵なインテリアにできるんです。

スマホで撮影した家族の思い出など多くの写真も、現像する機会がないのはもったいない、上手に飾れないかなと思っていたときに、インスタで見つけたのがシャコラです。

写真をお洒落に飾った例が
SNSでもたくさん見つかります

写真を入れ替えて楽しめる壁アルバム

@ mary_ikumamaさんの投稿より

@ mary_ikumamaさんのお宅では、スクエアサイズの写真を壁に貼り、壁アルバムを楽しんでいるそうです。写真を等間隔に飾ることですっきりとして見えて、インテリアにもよくなじんでいますね。写真の入れ替えをしながら家族の写真を楽しんでいるそうです。

壁が子供の成長記録に

@ mika9800_さんの投稿より

@ mika9800_さんは、サイズの異なる家族写真をランダムにレイアウト。お子さんも興味津々の様子が伝わりますね。写真がたくさんあるこのスペースがお気に入りゾーンになっているのだとか。家族写真をたっぷり飾ると、にぎやかで温かな空間を演出できますね。

モノクロ写真でお洒落ギャラリーに

@achibbleさんの投稿より

@achibbleさんは廊下をギャラリーのように飾っています。写真をあえてモノクロカラーやセピアカラーで現像して飾ると、シックで統一感のあるお洒落なスペースとなりますね。

皆さんが使っていたフォトパネルが
手軽に貼れる「shacolla(シャコラ)」

サイズバリエーションはA4サイズ、A5サイズ、2Lサイズ、KGサイズ、Lサイズ、ましかくサイズ、チェキサイズの7種類。こちらはましかくサイズ。

皆さんが写真のディスプレイに使っていた「shacolla(シャコラ)」は、富士フイルムから発売されている写真を手軽に壁やガラスに貼り付けられる発泡パネルです。特殊な糊がついているので、壁や写真を傷つけず、貼り直しもOK。賃貸物件や、画鋲で穴を開けたくないスペースの装飾にぴったりのアイテムです。

我が家でも写真をプリントして
飾ってみました

子供の手が届く場所に
思い出の写真をディスプレイ

リビングの一角、キッズスペースに家族でお出掛けしたしたときの写真を飾ってみました。スクエアサイズの写真は横に何枚か並べて貼るだけでタイル風に見え、バランスが取りやすいです。我が家では子供が写真を間近で見られるよう、低い位置に写真をディスプレイしました。子供も「自分の写真が飾られている!」と大喜びしてくれたのでよかったです。 コンパクトなスクエアサイズで壁をレイアウトすると可愛らしい雰囲気になるので、ペットの写真やスイーツの写真なども映えそうですね。

マスキングテープをフレーム風に張り付けて
トイレをミニギャラリー風にアレンジ

トイレは、小さなアートギャラリー風に写真をアレンジしてみました。スペースが限られたトイレは写真が多すぎると圧迫感が出てしまうので、少ない枚数でまとめています。その際、マスキングテープをフレームのように貼って仕上げる方法にチャレンジ。枠があると写真が強調されて目が行きやすいようです。今回は黒の無地のマスキングテープでシンプルなフレームを作ってみました。

モノクロプリントした写真で
廊下はシックな雰囲気にアレンジ

子供のアップの写真や生活感が出すぎて、飾るとちょっとうるさいかなと思う写真も、モノクロでプリントするとお洒落な印象になります。モノクロ写真はカラー写真には出せない落ち着いた雰囲気を作り出せるので、インテリアの邪魔をせず、スタイリッシュに写真を飾りたいときにおすすめです。色がないだけで、簡単に統一感が出せるので、写真の内容やサイズがバラバラでもなんとなくまとまって見えます。

プリントした写真をパネルに
貼るだけで準備はOK

シャコラの使い方もとっても簡単!白い面の保護用紙をはがして写真を貼り付けたら、裏面の保護用紙をはがして好きな場所に設置すれば完成です。家族の思い出、子供の成長記録をシャコラでお洒落に楽しく演出してみてはいかがでしょう。自宅をギャラリーにして写真を飾れば、家族のコミュニケーションも増えますよ。私は、アルバムのように写真を自由に貼り替えられるこの方法に大満足しています。皆さんも、ぜひ参考にしてみてください。

・Amazonでチェック!・楽天でチェック!

text | re:sumica編集部