[東京 20日 ロイター] - 日本百貨店協会が20日発表した5月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比0.04%減の4588億円と、2カ月ぶりのマイナスになった。円安/株高によるストック効果やインバウンドの好調で基調は悪くなかったが、前年に比べて日曜日が1日少なかったこともあり、前年実績をわずかに下回った。

5月はインバウンド売上高が6カ月連続で増加した一方、主力の国内市場は同1.3%減となった。

商品別では、主力の衣料品が同3.1%減と前年割れが続いている。気温上昇で夏物の一部に動きが出るなど、大都市立地の百貨店を中心に下げ止まり傾向も見られたが、全体としては前年に届かなかった。

一方、化粧品や美術・宝飾・貴金属などを中心に雑貨は好調が続いており、食料品も前年比プラスを確保した。

プレミアムフライデーは徐々に浸透してきており、食品・レストランなどで限定商品に人気が集まり始めているという。

調査対象の百貨店は80社・229店舗。東京地区は前年比1.1%減と、10カ月連続のマイナスとなった。