[パリ 20日 ロイター] - フランスのフィリップ首相は20日、今年の同国財政赤字が欧州連合(EU)が上限としている対国内総生産(GDP)比3%を再び上回る可能性があると述べた。

フランス銀行(中央銀行)は今月9日に発表した半期経済見通しで、今年の財政赤字が対GDP比で3.1%になるとの見通しを示していた。

前政権は2017年の予算案で2.8%を予想していたが、これを上回ることになる。

マクロン政権は、必要であれば是正措置を取ると表明している。