[フランクフルト/ロンドン 17日 ロイター] - 米金融大手シティグループ<C.N>は今週、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)対策として、ドイツ・フランクフルトをEU本部に選定する見通し。関係筋2人が17日、明らかにした。

シティは先に、欧州のセールスとトレーディング事業の本部をフランクフルトに設置し、ブレグジット後にロンドンの「数百人」規模の雇用を移す方針を明らかにしていた。フランクフルトを欧州本部とする計画はスカイニュースが17日、報じていた。

他の金融大手ではドイツ銀行<DBKGn.DE>やBNPパリバ<BNPP.PA>、バークレイズ<BARC.L>、バンク・オブ・アメリカ<BAC.N>などがブレグジット後に英国の一部事業を移転することを検討している。

シティはコメントを控えた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)