[東京 18日 ロイター] - 安倍晋三首相は18日の経済財政諮問会議で、財政健全化には「歳出改革の着実な推進とともに、長期的な経済成長が不可欠であることが確認された」と述べた。その上で、成長の持続には働き方改革や人材投資が課題との認識を示した。

来年度予算に関しては、こうした分野に「予算が重点配分されるようメリハリのついた予算編成を進めていく」と語った。

(梅川崇)