[ワシントン 18日 ロイター] - 米ホワイトハウスは18日、トランプ米大統領が空席となっている米証券取引委員会(SEC)の委員ポストに、元上院銀行委員会付きスタッフのヘスター・マリア・ピアース氏(共和党)を指名すると発表した。

就任には上院の承認が必要。

同氏は現在、ジョージ・メイソン大学マーカタス・センターの金融市場作業部会担当ディレクター。

昨年もオバマ前大統領が同氏をSEC委員に指名したが、上院本会議の承認が得られなかった。

ピアース氏は、トランプ大統領が進める金融規制改革を支援する見通し。SECのもうひとつの空席ポストについては、慣例に従えば、トランプ大統領が民主党に候補者を推薦するよう提言する。民主党推薦者としては、コロンビア大学の法律学教授のロバート・ジャクソン氏の名前が取り沙汰されている。

*内容を追加します。