[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、強化ガラスなどで知られる米コーニング<GLW.N>が米製薬大手のメルク<MRK.N>とファイザー<PFE.N>と提携して新しく開発した注射剤のガラス製バイアルの製造に5億ドルを投資することを明らかにした。

トランプ大統領はホワイトハウスで開催したイベントで、この投資によりニューヨーク州とニュージャージー州、および近く決定される南東部の州で約1000人の雇用が創出されると表明。最終的には総投資額は40億ドル、創出される雇用は約4000人となると述べた。

今回の投資はトランプ氏が進める「メード・イン・アメリカ週間」の一環として発表。トランプ氏は「このイニシアチブにより、外国勢が長期にわたり支配していた主要な産業を国内に呼び戻す。われわれはより多くの企業を国内に呼び戻す」と述べた。

コーニングはメルク、およびファイザーと協力して新型のガラス製バイアルを開発。トランプ氏は新旧のバイアルの強度を比べるために双方を壊してみせたが、新型のバイアルを壊すにはやや時間がかかった。