[東京 21日 ロイター] - 東芝 <6502.T>は21日、傘下のスイス次世代電力計(スマートメーター)大手ランディス・ギア・グループがスイス証券取引所へ上場することが決定したのに伴い、上場の際の株式売り出しにより保有する同グループ株式をすべて売却すると発表した。

また、同グループ株式40%を保有する産業革新機構の子会社も保有分をすべて売却する予定という。

東芝は、同グループ株式売却により、2017年度に売却益約400億円を計上する見込み。