[東京 24日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比172円46銭安の1万9927円29銭となり、続落した。取引時間中の2万円割れは7月19日以来3営業日ぶり。前週末の米国株安に加え、外為市場で1ドル110円台後半まで円高が進行したことが嫌気され、主力株中心に売りが先行した。売り一巡後は押し目買いも入ったが、日米政治リスクの高まりも意識され、上値の重い展開が続いた。

学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る問題などに関し、24日の衆議院予算委員会で閉会中審査が行われたこともあり、買い向かう投資家は少なかった。市場では「アベノミクスを材料に日本株を買った海外勢から売りが出ている。ただ、企業業績が過去最高益を更新する見通しの中では売られ過ぎの印象もある」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり573銘柄に対し、値下がりが1298銘柄、変わらずが153銘柄だった。