[ウェリントン 26日 ロイター] - ニュージーランドの企業・技術革新・雇用省は26日、富士フイルムホールディングス(HD)<4901.T>傘下の富士ゼロックス・ニュージーランド(NZ)が、公的機関からの新規受注を自発的に停止することで同意したと発表した。

同省の声明によると、富士フィルムHDが富士ゼロックスNZで不適切な会計処理が行われていたと発表したことを受けた措置で、同省が影響を十分に把握する時間を確保する狙いがある。富士ゼロックスNZは同日から公的機関に積極的に新規契約を求めることができなくなる。

同省は「政府調達に関わる供給業者が、国民が期待するような高い基準を満たしていることに留意している」と説明した。