[ソウル 26日 ロイター] - 韓国の現代自動車<005380.KS>が26日発表した第2・四半期決算は、純利益が前年同期比51%減少した。政治的な緊張を背景に最大市場である中国での販売が低迷したことに加え、米国では販売奨励金の引き上げにもかかわらず、販売が上向かなかった。

減益決算は14四半期連続。

純利益は8170億ウォン(7億2914万ドル)。アナリストの予想平均は1兆3500億ウォンだった。

営業利益は1兆3400億ウォン。売上高は24兆3100億ウォン。

中国でのリテール販売は、ユーザーの嗜好(しこう)との乖離もあり、上半期に29%落ち込んだ。米国では7.4%減少した。