[ワシントン 27日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は27日、トランプ政権は北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、為替安誘導を防止する「為替条項」を盛り込むよう要請する可能性があるとの立場を示した。下院金融サービス委員会で証言した。

長官は貿易相手国の為替操作には、協議するだけでなく、何らかの対処が必要と述べた。

その上で、ピーターソン国際経済研究所が提案した相手国通貨を買い入れる相殺為替介入措置に言及、1つの選択肢になるとした。ただ、こうした介入は極めて大規模になるとも述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)