[ロンドン 31日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)が31日発表したデータによると、6月の住宅ローン承認件数は6万4684件と、5月の6万5109件から減少し、昨年9月以来、9カ月ぶりの低水準となった。

ロイターが集計したエコノミスト予想(6万5000件)も若干下回った。

6月までの3カ月間の消費者向け融資は年率10.0%増で、5月まで3カ月間の同10.4%増から伸びが鈍化した。

これらのデータは、精彩を欠く成長を示唆する第2・四半期の他のデータと一致し、中銀が3日の金融政策委員会で金利据え置きを決めるとの見方を強める内容。

6月の住宅ローン融資額は41億4900万ポンド増で、2016年3月以来の大幅増加だった。同指標は住宅ローン承認件数に遅行する傾向がある。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧下さい)