[東京 3日 ロイター] - 石原伸晃経済再生相は3日の退任会見で任期中を振り返り、「昨年まさかと思っていたトランプ米大統領が誕生、公約通りにTPP(環太平洋連携協定)の離脱を表明したときは、目の前が真っ暗になった」と述べた。

TPP交渉の今後をめぐり「アジアの国々は米国復帰を期待している」として、日本が主導的に米国の交渉復帰に向けて尽力すべきと強調。また「人口減少の中で経済再生と財政再建を両立するには潜在成長率の引き上げが必要」と述べた。

(竹本能文)