[東京 4日 ロイター] - マツダ<7261.T>が続伸して始まった。日本経済新聞は4日付朝刊で、トヨタ自動車<7203.T>とマツダが資本提携する方向で最終調整に入ったと報じた。トヨタがマツダに5%前後出資し、マツダもトヨタに出資する案を軸に協議しているという。電気自動車(EV)の共同開発や米国の新工場建設も今後検討するとも伝えている。

報道を受けトヨタとマツダはそれぞれ、きょう開催の取締役会で協業・提携等について付議する予定とするコメントを発表。マツダに対しては、トヨタとの資本提携効果を期待した買いが先行した。