[ロンドン 7日 ロイター] - クレジット会社ビザが発表した7月の英消費支出(インフレ調整後)は前年同月比0.8%減り、2013年2月以来約4年ぶりに3カ月連続で減少した。昨年の欧州連合(EU)離脱決定の悪影響が家計に波及していることが示された。

減少率は6月の0.2%から拡大した。

ビザのマネジングディレクター、ケビン・ジェンキンズ氏は「物価の上昇と賃金の伸び悩みが消費を阻害している実態があらためて示された」と分析。英国では、EU離脱を決めた国民投票を引き金とするポンドの下落が物価押し上げ要因となっている。

消費支出の内訳は、輸送・通信が6.1%減、衣料品・靴が5.2%減と、ともに大幅な減少となった。

一方、ポンド安が海外への渡航を控える要因となるなか、ホテルやレストランへの支出は引き続き堅調だった。