[デトロイト 7日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は7日、今後本格化する新型EV「モデル3」の量産に向け、15億ドル相当の高利回り社債を発行すると明らかにした。

IFRによると、期間8年の無担保社債の発行を計画しており、7日から投資家向け説明会を開始する。

プライシングは今週中に行う見通し。

同社の発表を受け、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は同社の見通しを「ネガティブ」で確認。社債格付けは投機的(ジャンク)等級の「B─」とした。同社の長期信用格付けも「B─」で据え置いた。

S&Pは声明で、年内の「モデル3」ローンチや「モデルS」と「モデルX」の増産によりコストが予想より膨らんだ場合、格付けを引き下げる可能性があるとした。

ムーディーズの社債格付けはジャンク等級の「B3」。見通しは「安定的」。テスラが経営難に陥った場合でも、同社のブランドや製品、物理的な資産が他の自動車メーカーにとって「かなり価値がある」ため、同社のコーポレート・ファミリー・レーティングは「B2」とした。

これまでにもテスラは転換社債を発行している。ただ、ジャンク等級の社債は今回が初めて。

「モデル3」への期待からテスラの株価は上昇しており、同社の時価総額はゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>やフォード・モーター<F.N>を上回っている。ただこれまで通年で黒字化したことはなく、同社株は空売り投資家のターゲットとなっている。

米FTIコンサルティングのロビー・ゴフィン氏は、テスラの高い株価水準を理由に挙げ、「債券投資家は通常、利益を出してない企業は好まないが、テスラに関してはかなり寛容になるだろう」と指摘。

CFRAの株価アナリスト、エフライム・レビー氏は、今回発行される社債でテスラは「少なくとも2018年半ばまでの」資金を確保できると分析。「資金が枯渇するリスクはまだあるが、手遅れでなければ株式市場での資金調達が可能だろう」と述べた。

IFRによると、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、バークレイズなどがブックランナーを務める。

*内容を追加しました。