[13日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のフィッシャー副議長は13日、FRBが12月に利上げを決定する公算は大きいとの見方を示した。ただインフレが低迷していることは慎重になる根拠となるとの見解も示した。CNBCに対し述べた。

また、来年に任期が切れるイエレンFRB議長について、トランプ大統領は再任するべきとの考えも示した。