[ボストン 13日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は13日、連邦準備理事会(FRB)は利上げに辛抱強くあるべきとの見解を示した。

同時に、利上げが行われても、金融政策はなお緩和的になると語った。

総裁は記者団に対し「われわれはインフレ率の緩慢な伸びの理由を巡り議論を重ねている」としたうえで、「FRBは緩和解除に対し辛抱強くあるべきで、緩やかなペースで進めるべき」と語った。