[ミラノ 23日 ロイター] - 米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のイタリアの主要物流拠点とドイツの6つの倉庫で、ブラックフライデー(米感謝祭翌日の金曜日)に合わせストライキが計画されている。労働組合が明らかにした。年末商戦が本格化するこの日に混乱が生じる恐れがある。

ブラックフライデーは米小売店などが軒並み大型セールを展開することで知られる。欧州でもここ数年こうした動きに乗じ、ブラックフライデー・セールが盛んとなっている。

労組によると、アマゾンと賞与を巡る交渉が決裂したことを受け、伊北部ピアチェンツァにあるアマゾンの物流拠点で500人超の従業員が24日に初のストに突入することで合意した。

従業員はまた、繁忙期となる12月31日まで時間外勤務を行わないことでも合意しているという。

同拠点の正社員は約1600人。アマゾンは年末の繁忙期に臨時職員も導入する。

ドイツの労組ベルディによると、同国6カ所の物流センターでは、賃金や労働条件を巡る長期闘争の一環として24日にストが実施される。

ベルディの幹部は「アマゾンはこの日に過去最大の売上高を記録したいだろうが、従業員はこの日だけでなく毎日、アマゾンが求める最高の成果を出す必要がある」と強調。

イタリアのアマゾンは文書で、ブラックフライデーとそれ以降の日も顧客に時間通りの配送を保証することに引き続き注力していると表明。また、従業員への給与は同国の物流部門で最高水準にあり、個人加入の医療保険あるいは職業訓練のための資金などの福利厚生制度を提供していると説明した。