[東京 8日 ロイター] - 神戸製鋼所<5406.T>は8日、製品データの改ざんで損失を被ったとして、カナダの個人4人から訴訟を提起されたと発表した。原告は集団訴訟とすることを求めており、今後、規模が拡大する可能性がある。

訴えられたのは、神戸製鋼のほか、神鋼メタルプロダクツ、神鋼アルミ線材、コベルコマテリアル鋼管、日本高周波鋼業<5476.T>、神鋼鋼線工業<5660.T>の100%子会社の神鋼鋼線ステンレス。

原告は神鋼グループが製造した自動車向け製品やそれらを使用して製造された自動車の購入者で、対象製品が仕様に適合していなかったために、適合製品に比べて、不当に高い対価を支払わされて損失を被ったと主張している。損害賠償の請求額は明らかにされていない。

訴訟は11月25日と28日に裁判所のウェブサイトに掲示されたが、神戸製鋼は12月7日現在で訴状を受け取っていないという。神戸製鋼は「正式に訴状の送達を受けた場合、適切に応訴していく」とコメントしている。

<子会社JIS認証取り消し>

神戸製鋼は同日、真岡製造所(栃木県真岡市)の品質管理体制に問題があったとして、製品の品質や安全性を定めた日本工業規格(JIS)の認証を一時停止されたと発表した。神鋼メタルプロダクツ(福岡県北九州市)は「内容が重大」として認証を取り消された。

これにより、同社グループでJIS認証が一時停止されたり、取り消されたりしたのは、コベルコマテリアル銅管秦野工場(神奈川県秦野市)、長府製造所アルミ押出工場(山口県下関市)を合わせ4拠点となる。

同社は現在進めている安全性の検証作業の進捗状況も公表。前回(1日)から新たに9件の安全性を確認した。この結果、対象企業525社のうち、496社で安全性が確認されたことになる。

(志田義寧)