[ワシントン 17日 ロイター] - カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は17日、米中は通商を巡る対立の解消に向けともに取り組んでいると述べた。

同委員長はCBSのインタビューに対し「これまでのところ、中国側は一段と建設的な対応を返してきている」とし、中国製品に対する関税はこの先数カ月間にわたり発動されない可能性もあるとの考えを示した。

また、安倍晋三首相とトランプ米大統領との会談については、米国は日本が農業を中心に一部市場を開放することを望んでいると述べた。