[ 17日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は17日、学生ローンなどの債務水準の高まりは、学生の進学や住宅購入などを断念させ、米経済全体に悪影響を及ぼす恐れがあるとの見解を支援した。

労働市場の状況については「かなりタイト」と指摘したが、金利動向に関する言及はなかった。