[7日 ロイター] - 米娯楽大手ウォルト・ディズニー<DIS.N>が発表した第4・四半期(7─9月)決算は、利益が市場予想を上回った。好調なテーマパーク事業や、実写版「ライオン・キング」など映画の興行収入が寄与した。動画配信サービスに絡んだコストも、自社予想ほど拡大しなかった。

同社株は、引け後の時間外取引で5%超上昇した。

特別項目を除いた1株利益は1.07ドル。リフィニティブのIBESデータによるアナリストの予想平均は0.95ドルだった。

ディズニーはケーブルテレビ大手からネット配信事業大手への変革を目指しており、家族向け動画配信サービス「ディズニー・プラス」を今月12日に開始する。

ボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のデジタルメディア再生機器「Fire TV」や、韓国のサムスン電子<005930.KS>、LG電子<066570.KS>の機器に、ディズニー・プラスを配信することで合意したと明らかにした。

動画配信サービスへの投資はこの1年間に拡大。「ディレクト・トゥ・コンシューマー・アンド・インターナショナル」部門の営業赤字は7億4000万ドルと、前年同期の3億4000万ドルから増加した。ただ、自社予想の9億ドルは下回った。

テーマパーク・コンシューマープロダクツ部門の営業利益は17%増の14億ドル。

映画部門の利益は79%増の約11億ドルとなった。「ライオン・キング」のほか、実写版「アラジン」や「トイ・ストーリー4」の興行収入が寄与した。

メディア・ネットワークス部門の営業利益は3%減の18億ドルだった。スポーツ専門チャンネルESPNの番組制作やマーケティング関連コストが増加した。ESPNの契約件数は350万件。

全体の売上高は34%増の191億ドルで、アナリストの予想平均(190億5000万ドル)をやや上回った。