[北京 26日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の郭樹清・党委員会書記は、不動産バブルを抑制し、住宅や土地の価格安定を図るために一段の措置を講じ、金融リスクを防止する方針を表明した。

郭氏はまた、銀行の不良債権の開示と処理を強化する考えを示した。人民銀が26日、ネット上に発言内容を掲載した。同氏は銀行保険監督管理委員会(銀保監会)の主席も務める。

中国政府は中小銀行の抜本的な改革を積極的に支援し、さまざまな経路で資本を増強するよう促す考えだと明らかにした。