[ドバイ 12日 ロイター] - サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコ<2222.SE>は、国内で実施した新規株式公開(IPO)のオーバーアロットメントを実施した結果、調達額が294億ドルに拡大したと明らかにした。

アラムコは昨年12月のIPOで30億株を1株=32リヤル(8.53ドル)で売り出し256億ドル調達した。[nL4N28F40Q]

アラムコ株は、米・イラン関係の緊張を背景に不安定な動きをしており、8日に昨年12月11日の上場来安値となる34リヤルを付けた。

9日は35リヤルで終了。これに基づく時価総額は1兆8700億ドルで、IPO時を上回るが、ムハンマド皇太子が目標とする2兆ドルには届かない。