[東京 26日 ロイター] - 26日午前の東京株式市場でソフトバンクグループ<9984.T>が買い気配。25日、発行済み株式の5.75%に相当する1億1500万株・5000億円を上限とする自社株買いを実施すると発表したことが好感されている。取得期間は6月26日━2021年3月31日。市場からは「発表自体にサプライズはなかったが、株主還元の方針を着々と実施していることが評価されているようだ」(国内証券)との声が出ていた。

21年3月期第1・四半期の連結決算に米スプリントに係る支配喪失利益約7500億円を計上すると発表したことも材料視されているもよう。

SBGは、保有資産の4.5兆円分の売却・資金化計画とともに、2.5兆円規模の自社株買い方針を3月に発表しており、具体的な取得枠を順次設定している。今回の発表分を合わせると1.5兆円の枠が設定されたことになり、5000億円分の自己株はすでに取得した。