[東京 7日 ロイター] - 7月7日の東京株式市場で任天堂<7974.T>が堅調な展開となり、6月22日の年初来高値5万0600円を約2週間ぶりに更新した。

市場では「ポケモン、あつ森など個人にも分かりやすい材料が引き続き注目されている。新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される中、巣ごもり関連の本命として買いを誘っているようだ」(国内証券)との声が出ていた。