[ワシントン 2日 ロイター] - ポンペオ米国務長官は2日、中国政府にデータを直接送る中国のソフトウエア企業に対し、トランプ大統領が数日中に措置を講じる見通しだと述べた。

ポンペオ氏はFOXニュース・チャンネルの番組で、トランプ大統領が向こう数日中にも「中国共産党とつながりのあるソフトウエアがもたらす幅広い国家安全保障上のリスク」について措置を講じる見通しだと述べた。

トランプ大統領は7月31日、大統領専用機内で記者団に対し、早ければ8月1日にも、米国における短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用を禁止する命令を出すと語っていた。

複数の関係筋によると、TikTokを運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は、TikTokの米国部門を完全に切り離すことに同意。米マイクロソフトが同部門を引き継ぐという。

ムニューシン米財務長官は別のインタビューで2日、外国企業による対米投資を安全保障の観点から審査する対米外国投資委員会(CFIUS)がこの件について審査を行っていると述べた。