[ロンドン 2日 ロイター] - 欧州連合(EU)の金融規制当局である欧州証券市場監督機構(ESMA)は2日、最近の株高について、新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた実体経済のファンダメンタルズと「乖離している可能性」があると指摘、株式市場が大幅な調整に見舞われるリスクがあるとの報告書をまとめた。

ユーロ圏の株式市場は3月中旬の安値から40%急騰。国際通貨基金(IMF)は今年のユーロ圏の域内総生産(GDP)が10%以上減少し、来年も小幅な回復しか見込めないと予測している。

ESMAは「トレンド、リスク、脆弱性」に関する報告書で「機関投資家と個人投資家には、一段の市場の調整、場合によっては大幅な市場の調整に見舞われる長期にわたるリスクがある」と指摘。

「EUの企業とその信用力、金融機関への影響が特に懸念される」と述べた。

ESMAは、EUが義務付けた取引手数料とリサーチ料の分離明確化(アンバンドリング)について「重大な弊害は見られない」との見解も示した。