[北京 15日 ロイター] - 中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は15日、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の中国版「抖音(ドウイン)」の1日当たりのアクティブユーザーが8月に6億人を超えたことを明らかにした。

年初から50%急増した。中国国内のユーザーはTikTokを利用できないが、同様のサービスである抖音を利用できる。

バイトダンス中国の張楠最高経営責任者(CEO)がオンライン会見で明らかにした。

抖音は4年前にサービスを開始。過去1年で2200万人のクリエーターが総額417億元(61億5000万ドル)の収入を得たという。

同CEOは、クリエーターの収入を今後1年で倍増できるよう手助けをするとも述べた。

抖音は現在、中国で特に人気の高いアプリの1つ。

同国の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)<0700.HK>が運営する対話アプリ「微信(ウィーチャット)」は2018年、毎日10億人以上のユーザーがウィーチャットを利用していると表明している。

関係筋がロイターに明らかにしたところによると、バイトダンスは国内事業を香港市場か上海市場に上場することを検討している。

トランプ米大統領は、バイトダンスがTikTokの米事業を売却しなければ同サービスを禁止すると警告。米ソフトウエア大手オラクル<ORCL.N>は14日、TikTokの米事業存続に向け、バイトダンスと提携すると発表した。