[東京 17日 ロイター] - ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>は17日、通信子会社ソフトバンク<9434.T>の普通株式の売り出しで、海外の引受会社が追加的に取得する権利を行使することで売り出される株式数が3352万3700株に確定したと発表した。追加取得の権利は上限まで行使されており、需要の強さがうかがえる。

SBGは8月28日にソフトバンク株の売り出しを発表。売り出し価格は9月14日に1株1204.50円に決まっており、需要動向に応じて追加するオーバーアロットメントを含め、売り出し株数は10億2806万1400株となり、売り出し価格の総額は1兆2382億9995万6300円となった。

*内容を追加しました。