[6日 ロイター] -

<為替> ドルが上昇。トランプ米大統領が、新型コロナウイルス経済対策を巡る民主党との協議を11月の米大統領選挙後まで停止すると発表したことを受け、米景気回復の先行き不透明感が広がり、安全資産としてのドルへの投資妙味が増した。

新型コロナ感染で先週末に緊急入院し、前日退院したばかりのトランプ大統領は「大統領選が終わるまでコロナ対策を巡る協議を停止するよう指示した」とツイッターに投稿した。

OANDAのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は、コロナ経済対策の協議停止は「経済にとり好ましくなく、リスクオフ取引が広がった」と述べた。

トランプ大統領の発言を受け、米株価は軒並み下落し、米債価格は上昇した。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はこの日行った講演で、米経済が完全回復から「はるかに遠い」とし、コロナ感染拡大が効果的に制御できず、成長が抑制されれば、下方スパイラルに陥る恐れがあると語った。

終盤の取引で、ドル指数<=USD>は0.41%高の93.797。

ユーロ/ドル<EUR=EBS>は0.21%安の1.1756ドル。

英ポンド/ドル<GBP=D3>も0.5%安の1.2912ドルとなったが、英国と欧州連合(EU)による通商協議が合意に達するとの期待から、1.30ドル近辺を維持した。

ドル/円<JPY=EBS>は0.19%安の105.52円。

朝方発表された8月の米貿易赤字は5.9%増の671億ドルと、2006年8月以来14年ぶりの高水準となり、第3・四半期の経済成長の重しになる可能性を示唆した。

最新の世論調査によると、米大統領選に向けて、野党民主党の大統領候補ジョー・バイデン前副大統領が支持率でトランプ大統領をリードしている。

MUFGの為替アナリスト、リー・ハードマン氏は、ホワイトハウスと議会を民主党が掌握する「ブルー・ウェーブ」実現の確率の高まりは「刺激策実施への道を開き、リスク資産への追い風となる一方、ドルを圧迫する可能性がある」と指摘した。

7日公表される9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や、欧州中央銀行(ECB)が8日に公表する9月理事会の議事要旨が注目される。

豪ドル/米ドル<AUD=D3>は0.78%安の0.7123米ドル。オーストラリア準備銀行(豪中銀)の金利据え置きを受けた上昇から下げに転じた。

<債券> トランプ大統領が午後に入り、新型コロナウイルス経済対策を巡る民主党との協議を11月の米大統領選挙後まで停止すると表明したことを受け、国債利回りが低下に転じた。それまでは約4カ月ぶりの高水準を付けていた。

トランプ大統領は「大統領選が終わるまでコロナ対策を巡る協議を停止するよう指示した」とツイッターに投稿。民主党のペロシ下院議長が真摯に協議に臨んでいないと批判した。

DRWトレーディング(シカゴ)の市場ストラテジスト、ルー・ブライエン氏は「比較的早期に追加刺激策が合意されるとの観測が出ていたため、これまでは株式が買われ、債券が売られていたが、トランプ氏の発言を受け動きが逆転した」と述べた。

終盤の取引で10年債<US10YT=RR>利回りは0.746%と、前日終盤の0.762%から低下。一時は0.792%と、6月以来の高水準を付けていた。

30年債<US30YT=RR>利回りは1.551%と、1.567%から低下。一時は1.61%と4カ月ぶりの水準に上昇していた。

2年債の10年債の利回り格差<US2US10=TWEB>は一時6月以来の水準に拡大していたが、60ベーシスポイント(bp) に縮小。5年債と30年債の利回り格差<US5US30=TWEB>は一時127bpと、6月初旬の水準に拡大していたが、その後は123bpに縮小した。

トランプ氏のコメントが伝わる前は、今週予定される一連の国債入札を前に売りが出たことで利回りは上昇。10年債、20年債、30年債利回りがそれぞれ6月以来の高水準を付け、長短利回り格差は拡大していた。

財務省はこの日、520億ドルの3年債入札を実施。応札倍率は2.44倍と、前月の2.28倍よりも高かった。アナリストは、規模が過去最大だったことを踏まえると、堅調な結果になったとしている。

今週は7日に350億ドルの10年債入札、8日に230億ドルの20年債入札が実施される。

<株式> 終盤にかけて大きく下落して取引を終えた。トランプ米大統領が、新型コロナウイルス経済対策を巡る民主党との協議を11月の大統領選挙後まで停止すると発表したことを受けた。

トランプ氏は「大統領選が終わるまでコロナ対策を巡る協議を停止するよう指示した」とし、「私は大統領選での勝利後すぐに、勤勉な米労働者と中小企業に焦点を当てた大型の刺激策法案を通過させる」とツイッターに投稿した。

プラス圏で推移していた主要指数はトランプ氏の投稿直後、この日の安値まで下げ、S&P総合500種<.SPX>は日中高値から2%超下落した。投資家の不安心理を示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(恐怖指数)<.VIX>はこの日で最も高い水準を付けた。

支援策が注目されていた航空会社の株価も大きく崩れ、アメリカン航空<AAL.O>は4.5%、ユナイテッド航空<UAL.N>は3.6%、デルタ航空<DAL.N> は2.9%それぞれ下げた。

パー・スターリング・キャピタル・マネジメントのディレクター、ロバート・フィップス氏は「特に先週の上昇の大部分は追加刺激策への期待に基づいていた」とし、選挙前に投資する理由が低下していると述べた。

インディペンデント・アドバイザー・アライアンスの最高投資責任者、クリス・ザッカレリ氏は、市場では刺激策成立の可能性を織り込んでいたが、現行案で妥協に至るのは難しいという見方を示した。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はこの日、米経済は完全回復からはるかに遠いとの考えを示し、新型コロナウイルス感染拡大が効果的に制御できず、成長が抑制されれば、下方スパイラルに陥る恐れがあると述べた。

S&P500の主要セクターでは、一般消費財株<.SPLRCD>が2.1%安で最も下げがきつかった。大半の主要セクターは1%超下落した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.54対1の比率で上回った。ナスダックでは1.37対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は105億5000万株。直近20営業日の平均は97億9000万株。

<金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、 米追加経済対策の早期合意への期待などを背景に売られ、反落した。

中心限月12月物の清算値(終値に相当)は、前日比11.30ドル(0.59%)安の1オンス=1908. 80ドル。

金相場は朝方、外国為替市場でドルが対ユーロで軟調に推移したことを受けて買いが先行し、一時1927.00ドルを付けた。しかし、ペロシ下院議長とムニューシン財務長官が新型コロナウイルス追加経済対策について協議を継続し、早期合意への期待から投資家のリスク選好が回復する中で利益確定の売りに押され、マイナス圏に下落した。

新型コロナに感染したトランプ米大統領が退院し、大統領選をめぐる政局混乱への懸念がひとまず後退したことも、安全資産としての金需要を抑えた。

金塊現物相場は午後1時35分現在、11.850ドル安の1903.045ドル。

<米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、 ハリケーンの襲来などに伴う供給懸念から続伸した。

米国産標準油種WTIの中心限月11月物の清算値(終値に相当)は前日比1.45ドル(3.70%)高の1バレル=4 0.67ドル。12月物は1.43ドル高の40.93ドルだった。

大型ハリケーン「デルタ」が週内にメキシコ湾岸に到達すると予想されており、同地域の石油・天然ガス施設の操業に影響が出るとの見方から、買いが入った。また、ノルウェーで一部の石油・天然ガス生産施設がストで操業を停止したことも、相場押し上げ要因となった。

さらに、新型コロナウイルスに感染し、治療を受けていたトランプ米大統領が5日、軍の医療施設を退院したことも投資家のリスク選好姿勢につながり、相場を支援した。

ドル/円 NY終値 105.62/105.65 <JPY21H=>

始値 105.63 <JPY=>

高値 105.70

安値 105.48

ユーロ/ドル NY終値 1.1734/1.1736 <EUR21H=>

始値 1.1776 <EUR=>

高値 1.1807

安値 1.1733

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 96*08.50 1.5313% <US30YT=RR>

前営業日終値 95*14.00 1.5670%

10年債(指標銘柄) 17時02分 98*31.00 0.7336% <US10YT=RR>

前営業日終値 98*22.50 0.7620%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*22.50 0.3101% <US5YT=RR>

前営業日終値 99*20.25 0.3240%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*30.63 0.1467% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*30.75 0.1450%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 27772.76 -375.88 -1.34 <.DJI>

前営業日終値 28148.64

ナスダック総合 11154.60 -177.88 -1.57 <.IXIC>

前営業日終値 11332.49

S&P総合500種 3360.97 -47.66 -1.40 <.SPX>

前営業日終値 3408.63

COMEX金 12月限 1908.8 ‐11.3 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1920.1

COMEX銀 12月限 2392.1 ‐63.9 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 2456.0

北海ブレント 12月限 42.65 +1.36 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 41.29

米WTI先物 11月限 40.67 +1.45 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 39.22

CRB商品指数 149.5058 +2.1315 <.TRCCRB>

前営業日終値 147.3743