[上海 12日 ロイター] - 中国中央国債登記結算(CCDC)のデータによると、外国人投資家の中国国債保有高は9月末時点で1兆6800億元(2499億ドル)と、前月末から4.81%増加し、過去最高を記録した。前月比での増加率は2018年8月以来、約2年ぶりの大きさとなった。

主要な指数への組み入れ発表を前に買いが膨らんだ。

CCDCと上海清算所のデータに基づいたロイターの算出によると、両機関で決済されるすべての債券の外国人保有高は9月末時点で2兆9400億元で、前月末から4.9%増加した。

上海証券取引所のデータによると、取引所取引債券の外国人保有高は9月末時点で619億4000万元。人民元建て債券の外国人保有は総額3兆元を初めて上回った。

指数算出会社FTSEラッセルは9月24日、2021年に同社の世界国債インデックス(WGBI)に中国国債を組み入れると発表した。多額の資金が流入するとみられている。

指数組み入れに絡むフロー以外にも、利回りの高さや人民元相場の上昇を背景に、元建て債に対する海外投資家の関心がここ数カ月で高まっている。

10年物中国国債の利回り<CN200006=CFXS>は12日時点で3.1951%と、米10年債の0.7750%を大きく上回っている。

人民元<CNY=CFXS>は7月から9月末までに対ドルで3.91%上昇し、四半期としては2008年の世界的な金融危機以来の大幅上昇を記録した。