[12日 ロイター] - オピオイド鎮痛薬依存を巡る訴訟の渦中にある米製薬会社マリンクロット<MNK.N>が12日、連邦破産法11条の適用を申請した。

デラウエア地区破産裁判所への申し立てによると、同社の資産および負債は10億─100億ドルの範囲内にある。

オピオイド鎮痛薬依存を巡っては、1999年以来、過剰摂取により45万人が死亡したとして、3000件を超える訴訟が起こされている。

破産法の申請により、同社は事業再生を図る。破産保護期間中に、オピオイド関連訴訟を解決し、負債を約13億ドル削減する方針。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)