[東京 25日 ロイター] -

日経平均

終値      26296.86 +131.27

寄り付き    26468.52

安値/高値   26258.35─26706.42

TOPIX

終値       1767.67 +5.27

寄り付き     1781.12

安値/高値    1765.10─1790.17

東証出来高(万株) 154946

東証売買代金(億円) 31507.78

東京株式市場で日経平均は続伸。連日のバブル後最高値更新となった。ただ、高値警戒感が強い一方、上値を追う勢いが鈍ったと感じられたことで利益確定売りが活発化し、全体的に後半は伸び悩んだ。東証1部の売買代金は3兆円を超す大商い。

24日の米国株式市場は続伸し、ダウ工業株30種は初めて3万ドルを突破した。景気回復への期待や新型コロナウイルスのワクチン開発を巡る進展、米国の政権移行開始に支援された。トランプ米大統領は23日、バイデン次期政権への移行プロセスを開始することを一般調達局(GSA)にようやく許可した。

これを受けて、日本株も前日の勢いを持続して朝方から大幅上昇でスタート。ただ、テクニカル面では直近の急な上昇に対する警戒感が強く「日経平均はそれまでの96年バブル後高値から、2008年の押した幅の61.8%戻しとなる2万6747円に接近、時価近辺では止まる可能性もある」(国内証券)との声が聞かれた。

市場関係者によると「今の相場は環境ではなく、株価が一番の材料。勢いがある時は買い進まれるが、いったん止まると利益確定売りが出やすくなる」(SBI証券・投資情報部アドバイザーの雨宮京子氏)という。

TOPIXは0.30%高で終了。東証33業種では、空運業、海運業、鉄鋼などの上昇が目立ち、パルプ・紙、電気・ガス業などが値下がりした。売買代金は3兆1507億8800万円。個別では、ソニーが連日の年初来高値更新となり、日本航空が商いを伴い上昇。半面、トヨタ自動車は利益確定売りに押された。

東証1部の騰落数は、値上がり771銘柄に対し、値下がりが1318銘柄、変わらずが89銘柄だった。